新着情報

    「特定技能」の現状②

    日本政府が発表していた分野別受け入れ人数目標から読み解けること

    特定技能制度が施行されたと同時に日本政府はこの制度での今後の受け入れ見込数も公表しておりました。公表データをもとに新型コロナウイルス沈静化後の予想や現状分析をして行きます。

    5年間の受け入れ見込数より読み解く新型コロナウイルス沈静化後の予想

     

    受け入れ見込数については人数の多い分野から介護分野(60,000名)、外食業(53,000名)、建設分野(40,000名)となっております。

     

    特定技能が創設された目的は日本の深刻化する人手不足を外国人の受け入れで補うということを考えると、多く人数設定されている分野ほど、人手不足が深刻な分野であると考えることができます。

    記事一覧へ