新着情報

    「特定技能」の現状⑦

    すでに紹介をしたように最新(2021年3月末時点)の在留している特定技能外国人の人数は22,567名で分野別では人数上位順で飲食料品製造業分野が8,104名(35.9%)、製造業3分野が4,600名(23.6%)、農業分野が3,359名(14.9%)となっています。

     

    このデータから読み解くことのできることは、まず、飲食料品製造業分野で特定技能外国人の受け入れが進んでいるのは、この分野の受け入れ企業は新型コロナウイルスの影響を受け難く、飲食料品に対する消費は減らないため、受け入れ人数も安定して伸びているのと、協議会の加入手続きやルールが他の分野と比べると簡単であることなどが考えられます。

     

    また、製造業3分野については協議会加入手続きが難しいなど一定のハードルがありますが、依然として外国人労働者に対する需要が高い分野であり、多くの受け入れ人数となっているようです。

     

    農業分野については、繁忙期には人手が必要で、技能実習生に頼っている企業も多い中、新型コロナウイルスの影響であてにしていた技能実習生が入国しないため、国内にて、技能実習を修了した外国人などを積極的に特定技能の在留資格を使って雇用している場合があり、特に農業分野は他の分野と比べても専門性が低い分野であることも追い風となっているようです。

     

    すでに紹介をしたように最新(2021年3月末時点)の在留している特定技能外国人の人数は22,567名で分野別では人数上位順で飲食料品製造業分野が8,104名(35.9%)、製造業3分野が4,600名(23.6%)、農業分野が3,359名(14.9%)となっています。

     

    このデータから読み解くことのできることは、まず、飲食料品製造業分野で特定技能外国人の受け入れが進んでいるのは、この分野の受け入れ企業は新型コロナウイルスの影響を受け難く、飲食料品に対する消費は減らないため、受け入れ人数も安定して伸びているのと、協議会の加入手続きやルールが他の分野と比べると簡単であることなどが考えられます。

     

    また、製造業3分野については協議会加入手続きが難しいなど一定のハードルがありますが、依然として外国人労働者に対する需要が高い分野であり、多くの受け入れ人数となっているようです。

     

    農業分野については、繁忙期には人手が必要で、技能実習生に頼っている企業も多い中、新型コロナウイルスの影響であてにしていた技能実習生が入国しないため、国内にて、技能実習を修了した外国人などを積極的に特定技能の在留資格を使って雇用している場合があり、特に農業分野は他の分野と比べても専門性が低い分野であることも追い風となっているようです。

    記事一覧へ