新着情報

    新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置その他1件について(外務省ホームページ更新)

    この度、標記の件につきまして、外務省ホームページにて最新情報が公表されましたので、お知らせいたします。

    お忙しいなか御手数をおかけいたしますが、御確認いただけますと大変幸甚でございます。なお、受入れ機関の皆さまにおかれましては、

    受け入れていらっしゃる皆さまにも本件についてお知らせいただきますよう、何とぞよろしくお願いいたします。

     

    【外務省HP更新①】新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について(7月24日付け更新)

    → https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005130.html

    (御参考)

    7月24日から下記17か国・地域が上陸拒否の対象に追加され、計146か国・地域が上陸拒否措置の対象となりました。

    (ウズベキスタン、ケニア、コモロ、コンゴ共和国、シエラレオネ、スーダン、スリナム、ソマリア、ナミビア、ネパール、パラグアイ、パレスチナ、ベネズエラ、ボツワナ、マダガスカル、リビア、リベリア)

     

    【外務省HP更新②】国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について(7月22日付け更新)

    → https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/cp/page22_003380.html

    (御参考)

    タイ及びベトナムに対する段階的措置として、入国後14日間の自宅等待機は維持しつつ、双方向の往来を再開する「レジデンストラック」を開始しました。

    記事一覧へ