新着情報

    雇用維持支援について①

    新型コロナウイルス感染症の影響により実習が継続困難となった技能実習生等に対する雇用維持支援について

    ~迅速かつ効率的なマッチングによる本邦での再就職の実現~

    [目的]

    出入国在留管理庁において、新型コロナウイルス感染症の影響により解雇等され、実習が継続困難となった実習生、特定技能外国人等の本邦での雇用を維持するため、関係省庁と連携し、特定産業分野における再就職の支援を行うとともに、一定の要件の下、在留資格「特定活動」を付与し、外国人に対する本邦での雇用維持をパッケージで支援する。技能実習生等が来日できず、人材確保に困難を来している分野での就労促進も行う。

    [支援の概要]

    出入国在留管理庁は、支援の対象となる技能実習生等の情報を迅速かつ網羅的に把握し、これらの技能実習生等が就労を希望する特定産業分野に再就職できるよう、各分野の関係機関に情報提供することにより、効率的なマッチングが可能となる。

    また、出入国在留管理庁は、外国人在留総合インフォメーションセンター等と連携し、外国人からの各種相談に適切に対応する。

    記事一覧へ