新着情報

    「特定技能」の現状⑩

    まとめ

    今回は特定技能制度について、日本政府が公表している資料やデータをもとに今後の予想などを紹介しました。

     

    特定技能制度の趣旨は日本の深刻化する人手不足を外国人の受け入れで補うということを考えると今後もすでに目標人数が公表されているように、多くの特定技能外国人が雇用されて行くと考えられます。
    そんな中でも日本政府は同時に、特定技能14分野の今後の人手不足状況を継続的に把握し、且つ、受け入れ方針などについて協議をし、在留資格認定証明書の交付の停止や分野の削除の可能性があることも公表しています。

     

    今回の新型コロナウイルスのような事態があると、外食分野の現状のように、人手不足の状況についても変化し、特定技能外国人の受け入れ人数制限のような措置が取られる可能性があることも忘れてはいけません。今後も、頻繁に更新される特定技能制度に関する情報について確認をしながら受け入れを進めていく必要があります。

    記事一覧へ