新着情報

    特定技能:受入れ機関(企業側)の基準

    受入れ機関(企業)に関する概要

    受入れ機関は、特定技能の在留資格で働く外国人を受け入れる企業や医療法人等が該当します。

    受入れ機関には、外国人への賃金の支払いをより適正にするため、口座振り込みなどで行うことを義務付け、また、契約にあたっては、賃金を日本人と同等以上にすることや、帰国する旅費を支払えない場合には代わりに負担することなども保証するよう規定しています。

    さらに、悪質なブローカーを排除するため、外国人が入国する際に、保証金を支払っていないことなどを確認することが盛り込まれました。

    それら受入れ機関の基準を満たしていない場合、特定技能ビザ(認定・変更・更新)の許可を得ることができず、特定技能外国人を雇用することができません。

    記事一覧へ