新着情報

    外国人技能実習制度の問題点と課題③

    外国人実習制度は、期限付きで日本の技術を学ぶ制度

    外国人技能実習制度が成立した目的は、人手不足を解消するということとは別のところにあります。

    2年から3年の期限付きで日本の職場で経験を積み、母国へ帰国して母国で習得した技能で働き、その国の発展に寄与するという、国際貢献が目的でした。

    その目的のために来日して、日本で働きながら技能を学ぶという名目で多くの外国人労働者が働くようになりました。

    その中には、日本で働くために借金をしたり、母国に家族を残して来ている人もおり、必死で働き大きな戦力となる人も多くいました。

    もともとは、国際貢献が目的だった制度だということです。

    記事一覧へ