新着情報

    外国人技能実習制度の問題点と課題④

    外国人技能実習制度を利用したコスト削減

    外国人技能実習制度は、雇用契約は実習生を受け入れる企業と行いますが、雇用関係に関する多くのことを監理団体が管理しています。

    そのため、簡単に転職することができないというのが外国人技能実習制度の特徴です。

    また、知り合いのいない異国の地でなかなか簡単に次の仕事が見つかるというものでもありませんので、実習生の受け入れ企業の経営者が有利な雇用関係となります。

    外国人技能実習生に長時間労働を行わせたり、残業代を支払わなかったりなどの違法労働を行っても、実習生は受け入れざるを得ない状況となってしまいます。

    こうした状況が出来てしまうと、外国人技能実習生を受け入れると、日本人を雇用するよりも安く済むよいうイメージが出来てしまいます。

    記事一覧へ